備前焼作家難波史一の日記

2009年11月10日(火曜日)   曇りのち雨

朝ねむ〜〜い!(*^_^*)
今日は眠いです・・・昨日、1時ごろまで起きていました。

今日は忙しくて・・・

発送が沢山ありました。

皆さん、到着まで今暫くお待ち下さい。お楽しみに(^。^)y

先日より、備前焼の質問とは違う、私の私生活や、車の質問が多いのですが、
今回は、妻と私の夫婦で大切にしている車を紹介しましょう。

車の名前ですが、うちでは「ラムちゃん」と言っております。

可愛い名前でしょ!

この車はDODGE V10 8000cc RAM PUといって、ダッジ ダッヂ ダッチ ラムトラックと
皆さん言っています。

ちなみに小さなボディに8000ccのモンスタエンジンを搭載されているトラックで元々、メーカが
遊びで作ったと言っていました。

なんせ、エンジンが掛かると名前とはかけ離れた迫力です。

この前もリミッタの聞いたスカイラインGTRをぶっ飛ばしたのです。さすがにトラックに抜かれ
てしまうと目が点になるのか不思議そうな顔して見送っておりました。

ベンツや、BMWに乗っている、我々同世代の人たちも、乗りたがっています。
友人なんかも車が3台あるのに、この車を中古車屋に頼んで探してもらっているのです。
しかし、見つかることもなく、1年近く経っています(笑)

絶対的に台数が少ないのですから、もはや、幻ですよ。

今と言いますか、ハイパーのエンジンを積んだ、8300ccなんてのもありますが、ミッション車になって
いるものが多いのでこれも、面白い車です。

世界最速トラックと言われるだけのことあります。

その昔、世界最速トラックでギネスブックにも載ったこともあるのです。

妻もこの車を最高に気に入っております。
早いものでラムちゃんも我が家にきてから、1年と1ヵ月、随分運転も
慣れてきましたが、前の車がC1500だったので、ラムちゃんは若干、
乗り難いのです。
C1500の方が、横幅はオーバーフェンダのせいで10cmぐらい大きかったの
ですが、なんせ、モコっとしているラムちゃんは前の感覚がつかめないのです。

バックカメラとナビとETCをすぐに付けたのは正解でした。
便利ですね〜〜
今まで車になんだ、かんだ付けるのは嫌いでしたが、最近は歳をとったのか、
便利を追求するようになってしまったです。

パワーウィンドや、パワーシート、シートヒータ集中ロック、セキュリなどなど、
無用と思っていたのですがこれも場合によっては便利です。

しかし、基本的には何もついていない車が好きな私です。
おそらく、大きな車ばかり乗っているのでそう思うのかもしれませんが・・・

セキュリティはうっかりすると激しいサイレンがなるのです。

荷台にジャンプして乗った瞬間、キューン!キューン!!なんて
大きな音を立ててびっくりすることの数々・・・

何しろ、車庫の中で鳴ると、耳を劈くほどの音がするのです(笑)

車体も小さいので通常のショッピングセンターの駐車場にも簡単に入れるのです。
ほとんど、車体の大きさで問題を感じたことはないです。

ただ、さすがに立体駐車場は断られますが・・・

年間、5000キロも走ることのない私達夫婦には、燃費など関係ないのですが、
でも、人が言っているほど、燃費も悪くありません。

普通に走っているとリッター7kmぐらいで、高速道路などを走ると、なんと!10km
近く走ります。
以前乗っていた、トランザムもC1500もそんなに燃費が悪くなかったです。
運転の仕方でもかなり違うのかな?って感じです。

平成10年あたりのプレジデントに乗っていた時がリッター5.5kmだったのですから
かえって、日本車の方が燃費が悪い感じさえします。

ですから、どこでリッター3kmなんて言ったのでしょう・・・

たしかに70年代の350エンジンは吹かせば、リッター2〜3なんてありました。
しかし、今はそこまで悪くのないのです。
アメ車は燃費が悪いなんて言うのも伝説のようになっているんだと思います。

そのうち、また、色々ご紹介しますね。
今回は外装スタイルの画像をごらん下さい。

では、今日もガンバ!!


この車については嘘っぽいですが本国から日本に向けて書かれた文章があります。



サングラスもあるのです。







22インチホイールも小さく見えます(笑)



カッコだけのレーストラック?イエイエ!レースに出られそう。







なぜか、私がバックに写っていますね〜〜























サングラスを取ると以外と可愛い!?



















キラキラの22インチどぇ!















デカイ!デフです。


まつげを付けてみたらもっと、可愛くなるかな〜〜
なんちゃって!!



お問い合わせ先 086-279-6365(非通知不可)

難波史一窯元、難波まで。
ヤフーオークションでも、検索で「難波史一」とご検索をかけていただけましたら
沢山出て参ります。

ヤフーオークションはこちらからどうぞ。


史一の日記に戻る