備前焼作家難波史一の日記

2013年10月15日(火曜日)   雨

金彩備前博焼茶碗!(*^_^*)
金彩備前博焼焼成は本来、備前の持つ焼成の中で先人達が自然でしか出ないと思って
いた焼成を意図的に窯を操作することで完成しました。

本来、備前焼とは自然で土味を最大限に出すことを焼成として焼いているものですが、意図的に
このような研究をしてしまった備前焼作家難波史一のような作家もいることを知って欲しいかと
思います。

元々備前焼作家難波史一も以前、粘り気のある土を使い耐火煉瓦を使わず、土だけを使った
非常に熱効率の悪い窯でもその持ち味を出そうと研究していた頃も御座います。

その土味とこの金彩備前博焼焼成のミステイクな焼成法から新たな焼成に成功し2015年には
完全なる金彩備前博焼の目標点まで達した次第です、しかし、新たな焼成法として今度は
液ダレの手法や、黒から金、銀、青銅、口金、そして裏が土味の素晴らしさ、ましてや表は金発色
などにも成功しました。

ここ数年は作品としては一部の高額購入者様でしか手に出来ていないかと思いますが今後は
更に面白い焼成に進化するものと思います。

今後の金彩備前博焼焼成にご期待下さいませ。


1



2



その内、ヤフーオークションに出てくるかもしれません。
ほしい方は直接メール・お電話下さい。ではでは。

お問い合わせ先 086-279-6365(非通知不可)

難波史一窯元、難波まで。
ヤフーオークションでも、検索で「難波史一」とご検索をかけていただけましたら
沢山出て参ります。

ヤフーオークションはこちらからどうぞ。

史一の日記に戻る






.